» ハワイのフォトウェディングで撮影できる写真とプランを分かりやすく紹介|ハワイウェディングオンライン

TEL

0037-6005-5150

フリーダイヤル 受付/10:00〜20:00

GUIDEハワイフォトウェディングガイド

ハワイのフォトウェディングで撮影できる写真とプランを分かりやすく紹介|ハワイウェディングオンライン

2017.6.17

ハワイのフォトウェディングで撮影できる写真とプランを分かりやすく紹介

ハワイでフォトウェディングを撮影するにあたって、最初に考えることは自分達がどんな写真を撮りたいかということです。南国の楽園、ハワイを訪れる訳ですから、当然ビーチでのロケーションフォトは外せませんよね。では、具体的にビーチでどんな写真が撮りたいか、あるいは、ビーチ以外にどんな場所で写真を撮りたいかといったことはどうでしょう。
今回は、ハワイでのフォトウェディングを考え始めている方に、より具体的に内容を考えていただくため、ハワイウェディングオンラインのプランを参考にしながら、そこで撮影できる写真を紹介します。
青い空と海を背景に撮影ができるハワイフォトウェディング

波打ち際からダイヤモンドヘッドを望むビーチフォトウェディング

ハワイウェディングオンラインのフォトウェディングプランは、すべてビーチでのフォトウェディングがついています。そして、プランにもよりますが基本的に撮影場所は「デューク・カハナモク・ビーチ」になっています。
≫デューク・カハナモク・ビーチのことが詳しく知りたい方はこちら

ワイキキの街やダイヤモンドヘッドをフレームに収めながら、白い砂浜とエメラルドグリーンの海を撮影できるので、ハワイらしいビーチフォトウェディングがかなえられること間違いなしです。
ビーチでのフォトウェディングを叶えたいという方のために、ビーチでの撮影プラン、ドレスを着たまま海に入って撮影ができるプラン、水中カメラを使った特殊な撮影ができるプランの3種類が用意されています。
≫ビーチフォトウェディングのプラン一覧はこちら
青い海と空を分かつように入り込む雄大なダイヤモンドヘッドはハワイでしか撮影できない写真のひとつ

さらにハワイの海を満喫したいひとのためのトラッシュザドレス

トラッシュザドレスというのは、ウェディングドレスを二度と着られないようにするために、水や砂、泥や塗料などで汚し、最愛の夫へ深い愛情と誠実な愛を伝える儀式のようなものです。欧米では購入したウェディングドレスを「トラッシュザドレス」で普通では撮れない写真を残すスタイルがトレンドとなっています。
ハワイウェディングオンラインでは、ドレスを着たまま海に入れるプランを用意しており、ビーチやラグーンでドレスを着たまま海に入って楽しんでいるふたりの姿を撮影できます。
≫トラッシュザドレスに対応したフォトウェディングプランはこちら
ラグーンに入ってドレスを着たまま水をかけあうふたり

ヤシの木と芝生に彩られた自然の中でのフォトもプラン内で可能

デューク・カハナモク・ビーチには、緑に彩られた芝生とヤシの木が生えている場所があり、緑の入った写真を撮影することが可能です。
ビーチでのフォトウェディングにプラスして、緑の入った写真も残しておきたいという方にはおすすめです。
ヤシの木をバックに入れたり、芝生での座りショットを撮影したり、ビーチとは違った雰囲気の1枚を残すことができますよ。もちろん、追加料金も発生しません。
緑の芝生の上で座りのショットを撮影

トワイライトのフォトウェディングもおすすめ

ハワイといえば、青い空と海はもちろん、美しい夕焼け空にヤシの木のシルエットを思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。
ハワイウェディングオンラインのフォトウェディングでは、開始時間を遅めに設定することでトワイライトやナイトの撮影をすることが可能です。
穏やかな午後の海からゆっくりと沈んでいく太陽と、それによって写ろう空の表情を楽しみながら、さまざまなポーズのカットを撮影することが可能です。
夕焼け空は特に、雲の量や気温、湿度など、天候の条件によって空の色や表情も変化するので、その日にしかない特別な輝きをハワイでのフォトウェディングに収めておきたいという方には特におすすめです。
水平線に沈む夕日とヤシの木のシエルエッとが美しい世界を演出

ワイキキの街に繰り出してフォトウェディングを

実際にはハワイといえば自然が豊かな火山の島なのですが、イメージの中にあるのは立ち並ぶビル街と美しいビーチですよね。つまり、ワイキキ周辺のイメージこそが想像の中にあるハワイ。
ワイキキのタウンフォトは、そんなイメージ通りのハワイを、ビーチだけでなくリゾート全体で楽しんじゃおうというプランです。
≫こまかい内容や撮影できる写真はこちらで確認できます
立ち並ぶビル街とヤシの木が見事に調和した街並みはハワイならでは。
行き交う人から英語で祝福の声をかけられることもあるようです。
ワイキキの街に繰り出してフォトウェディングを満喫

オールドハワイを感じられるダウンタウンでフォトウェディング

ワイキキから車で約15分程度の場所にあるダウンタウンでもフォトウェディングの撮影が可能です。
イオラニ宮殿やカメハメハ大王像など、ハワイが世界的なリゾートになる前からある行政に関するスポットも多く、ハワイの歴史と文化に触れられる街です。
≫ダウンタウンの街フォトの詳しい情報はこちらで確認できます
ワイキキの街がイメージするリゾートハワイなら、ダウンタウンは現実にある等身大のハワイが楽しめる場所。
レンガ造りのレトロな雰囲気を醸し出すレストランや、世界中のパフォーマーが公演に訪れるハワイシアターなど、カメラのフレームをどこに向けても絵になる素敵な建物が並んでいます。
ハワイの歴史を等身大に感じられるダウンタウンでフォトウェディング

まるで町中がキャンバス。ウォールアートの街カカアコ

ハワイウェディングオンラインのプランで撮影できるのは全部で3カ所。
ワイキキとダウンタウン、そしてこのカカアコです。
≫カカアコの街をもっと知りたい方はこちらへGO
立ち並ぶ倉庫を世界中のアーティストがてがけたウォールアートで装飾し、近年注目を集めている街です。
歩けばアートに当たるというほど、街全体が装飾されていて、まるでフォトスタジオがひとつ丸ごと収まってしまっているかのようです。
倉庫街なので人通りも少なく、フォトウェディングを気兼ねなく楽しむことができます。
ウォールアートの街カカアコでフォトウェディング

フォトウェディングのプランでは、チャペルでの撮影も可能

デューク・カハナモク・ビーチのラグーンに臨む場所に佇んでいるのは、ダイヤモンドヘッドホワイトビーチチャペル。
ハワイウェディングオンラインでは、挙式が叶うプランはもちろん、チャペルをフォトスタジオとして使い、挙式はせずにチャペルフォトのみを残すことも可能です。
ラグーンから外海までを望めるチャペルの祭壇で、挙式を思い浮かべられるシーンを創りながら撮影を楽しめます。
扉の前やバージンロードなど、どの場所でも撮影が可能なので、フォトウェディングにチャペルの写真も残しておきたいというにはおすすめです。
≫チャペルでフォトウェディングの撮影を楽しめるプランはこちら
ダイヤモンドヘッドホワイトビーチチャペルを使ってフォトウェディングを撮影

この記事をシェア

前のページに戻る

関連する他の記事
カテゴリを選ぶカテゴリを選ぶ

アーカイブ