» ハワイのフォトウェディング成功への道は時差ぼけ解消?|ハワイウェディングオンライン

TEL

0037-6005-5150

フリーダイヤル 受付/10:00〜22:00

GUIDEハワイフォトウェディングガイド

ハワイのフォトウェディング成功への道は時差ぼけ解消?|ハワイウェディングオンライン

2017.7.11

ハワイのフォトウェディング成功への道は時差ぼけ解消?

憧れのハワイでビーチフォトウェディングなのに、ウェディングドレスを着て素敵な写真を撮影して、出来上がりの写真を見たらなんだか眠そうだった!!
なんてショックですよね。

今回は、ハワイでのフォトウェディングを成功させるために立ちはだかってくる最大の敵(?)。
時差ぼけによる寝不足の対策についてお話をします。
時差ぼけによる寝不足はハワイのフォトウェディングに悪影響

そもそも時差ぼけってどういう状態のこと?

時差ぼけというのは、日本とハワイで時間が異なることによって起きる体内時間の乱れのことです。
例えば、週末に夜更かしをして翌日寝不足になったとしても、過ごしている24時間という時間は変わりません。
しかし、日本とハワイでは現地の時間が違うため、飛行機に乗って降りたら体感ではお昼ぐらいのはずなのにまだ明け方だったということが起こります。
そのため、普段の生活が規則正しい方は特に、生活のリズムが狂ってしまい、なれた頃に帰国し、また日本で時差ぼけになってしまう。という悪循環に陥ってしまうのです。
時差ぼけのせいでハワイで寝不足になるとフォトウェディングにも影響が

日本とハワイの時差はどれくらい?

日本とハワイの時差は19時間あります。
日本の19時は、ハワイではまだその日を迎えたばかりの0時です。
日本の18時だとハワイでは前の日の23時になります。
現地に行くと今度は反対で、23時だと翌日の18時という考え方になるので慣れていないと混乱してしまいます。
日本とハワイの時差は19時間。寝不足はフォトウェディングにも影響の可能性が

日本からハワイへのフライト時間はどれくらい?

日本からハワイへのフライト時間は7時間です。

例えば、19時に飛行機に乗って、日本からハワイへ。
フライト時間が約7時間なので、時差を考えなければ19時+7時間で夜中の26時、つまり、深夜2時ぐらいのイメージですが、19時間の時差があるため26時-19時間で前の日の朝の7時になっているわけです。
寝る時間と起きて朝ごはんを食べる時間ほどの違いがあるわけです。

そのため、日本からハワイへ行く便では、機内食を食べて少し経つと眠るために消灯されます。
眠くないからといってそのまま起きていると現地で寝不足になってしまう可能性が高いので、できれば眠ったほうが良いでしょう。
日本からハワイへの飛行機は夕方から夜にかけて

眠れる工夫をしておくのがオススメ

基本的には飛行機の明かりが消えたら寝ればよいというだけなのですが、問題は本当にぐっすり眠れるかどうかにもあるのです。

例えば、普段飛行機に乗りなれていなくて眠れない。
飛行機の中でいびきがうるさい人がいて眠れなかった。
いつも12時ぐらいに寝ているので、到着2時間前ぐらいにならないと寝付けなかった。
という感じで、分かっているのに眠れなくて寝不足になってしまうということももちろん考えられます。

そのため、飛行機で気持ちよく眠るための対策が必要になってくるのです。
機内は消灯するとかなり薄暗くなりますが、トイレに立つ人が立って歩けるくらいには明るいです。
真っ暗じゃないと寝付けないという方はアイマスクが必要かもしれません。
いびきが気になると眠れないという方は耳栓を用意しておくと良いでしょう。
イヤホンやアイマスクを着けた完璧な睡眠はフォトウェディングにも良い影響が

19時間の時差を5時間にする考え方

19時間もある時差が5時間になる!と聞くとまるで魔法みたいですが、1日は24時間であり、24時間経つと元の同じ時間に戻ってくるわけです。
つまり、今日の何時、明日の何時という日にちの概念さえ取り払ってしまえば、時差の最大は12時間であり、そこからはプラスマイナスで考えられます。

日本の19時は19時間の引き算で今日の午前0時と考えなくても5時間進めて0時とした方が分かりやすいですよね。
19時の出発時間に5時間の時差を足して0時。フライト時間7時間で朝の7時とした方がシンプルですよね。
現地で数日間過ごすのに日付を気にしない過ごし方をすればよいのです。

○月○日に到着して、○日にフォトウェディングを撮影して、○日には買い物をして・・・
ではなく、到着した日に何をして、翌日はフォトウェディングの撮影、そのまた翌日はフォトウェディングの撮影で、3日目には・・・という覚え方をするだけで、日付をきにせず過ごせるようになりますよね。

ただし、ハワイウェディングオンラインでフォトウェディングを予約するなど、現地で何かを予約する場合には日にちが重要になってきます。
旅行代理店で旅行プランを立てる際に、到着が何日で、フォトウェディングの撮影日が何日。というチェックはしっかりとしておきましょう。
075

ハワイから日本へのフライト時間はどれくらい?

ハワイから日本へのフライトは、行きよりも長く8時間から9時間かかります。
これは偏西風の影響を受けるためです。
1時間以上も遅れが出る風っていったいどんなすごい風なんだ!
と思ったので調べてみたところ、時速300kmとのことでした。
これでは仕方ありませんね。

さて、ハワイから日本への飛行機はハワイをお昼ぐらいまでに出発する便がほとんど。
そして、8時間経って日本のお昼過ぎから夕方ぐらいに到着します。
10時に出発して、8時間のフライトで13時に到着する流れです。

ハワイから日本へのフライトは夜を越さないので、ひたすら長い昼を過ごすことになります。
機内は消灯されますが、ぐっすり寝て起きて出発しているので、機内ではあまり眠れない方も多いでしょう。
本やゲームなど、暇つぶしができるアイテムを持って行くことをおすすめします。

ちなみに、スマホでできるソーシャルゲームなどをしたい場合、一度お店に相談しておくことをおすすめします。
飛行機によってはWi-Fiが使えるなど、通信環境が整備されている会社もあるので、確認してみても良いでしょう。

時差ぼけにならないよう工夫して、ハワイでのフォトウェディングだけでなく、旅行も含めてしっかりと楽しんできてくださいね。
ハワイから日本へのフライトは昼間から夕方にかけて

ハワイで憧れのフォトウェディング! ベストシーズンはいつ?!

この記事をシェア

前のページに戻る